林修のニッポンドリルで紹介された日本庭園に行ってみた!京都実相院の「床みどり」

2018年6月3日旅行とレジャー

『林修のニッポンドリル』で絶景の日本庭園と紹介されていた、京都・実相院に行ってみました。
いろいろ調べて全て楽しむつもりで向かいましたが、お目当てはやっぱり「床みどり」。まさに、絶景!と言うに相応しい景観でした。

実相院とはどのような場所なのか、アクセス方法や実際に見て分かった魅力など、まとめてご紹介します。

「実相院」とはどのような寺院か?

「実相院」は京都市内中心部からやや外れた、左京区の岩倉という地区にあります。
鎌倉時代から約800年の歴史がある天台宗の門跡寺院で、その歴史の長さからか、京都のパワースポットに挙げられたりもします。

ちなみに門跡寺院とは、天皇家の血を引く方々が住職を務めた寺院のことで、一言でいうととても格式の高い寺院。これは管理人も初めて知りました。

今回は「床みどり」目当てに行きましたが、春には桜が庭園を彩り、秋のシーズンには紅葉した「床もみじ」で有名な寺院でもあります。
シーズンには混雑する京都の名所でも、ここは比較的落ち着いていて楽しめるので、ゆるりと観光したい人にも向いてますね。

逆に言うと…京都市内の北の外れにあるので、遠くて行きにくいんですよね、ここ。
市内の他の観光地とあわせて回るには、時間的に厳しいところです。

ですので、半日とか一日とか、時間を気にせず楽しめるようにスケジュールを組むのがおすすめです。

また、不定休で休みがあるようなので、行く前に確認した方が良いですね。
「大仙院さんですか?」と寺院名を間違えるというミスしたにもかかわらず、丁寧に対応していただきました。

実相院門跡|京都 岩倉

 

実相院へのアクセス方法

京都市内からは、地下鉄とバスを利用するのが行きやすそうでした。

地下鉄烏丸線「国際会館駅」で降り、
京都バス24系統・岩倉実相院ゆき「岩倉実相院」で下車。

バスターミナルの場所は、烏丸線改札を出てすぐにあるエレベーターで地上に出ると分かりやすいです。
バスはほぼ1時間に2本しか出ていないので、タイミングによってはだいぶ待ちますが…。

そこで、晴れている日限定のおすすめルート。

歩いていきます、いやマジで。

せっかくの晴天、バスを待っているのも勿体なかったので歩きました。
所要時間はゆっくり歩いて1時間ほどです。結構ありますので、時間や体力と相談してみてください。

では、国際会館駅のすぐ近くに流れている岩倉川に沿って、北に歩いていきます。

国際会館駅ちかくの岩倉川

岩倉川のほとりは騒がしさもなく、緑と水が豊かで、川を泳いでる鴨(たぶん…)に癒されましたよ。夏の夜には蛍も舞うようです。

しばらく進むと叡山電鉄・岩倉駅に着きます。
岩倉駅からさらに、岩倉川に沿って北に進むと、朱塗りの橋に行きついて実相院への参道に出られます。

 

林先生も絶賛する日本庭園 実相院の「床みどり」

実相院の中は、建物内部の撮影と内部からの庭園の撮影は禁止です。
二つの庭園(「山水庭園」と「こころのお庭」)は、縁側からであれば撮影可でしたので撮っておきました。

 

「山水庭園」は緑鮮やかな庭園

実相院の「山水庭園」

こちらは「山水庭園」。

縁側に座って眺めていたところ、蛙が鳴きはじめて、でも姿は見えず……穏やかなひとときでした。
ここはさほど広くないはずなのですが、庭の作りなのか植えられている多種多様な草木のせいなのか、とても奥行きを感じました。

ツアーで来ていた年配のご夫婦ともお話してたのですが、「この場所から見るのが素敵」だとか「この木だけ葉の色が変わっていて面白い」だとか「蛙どこにいるのかしらねぇ」だとか、多くの小さな発見があって面白い庭園です。

 

「こころのお庭」から比叡山を望む

実相院の「こころのお庭」

こちらが「こころのお庭」。

春先には桜が美しい庭園のようですが、残念ながらシーズンは終わっていました。
木に隠れてしまっていますが、庭の奥に遠望できるのが比叡山です。『林修のニッポンドリル』では、比叡山ふくめてもっと雄大な絵が流れてたと思うのですが、うーん、写真の腕ですねー。

 

ほかにも、テレビでしか見たことがなかった狩野派のふすま絵や、迫力ある「木造不動明王立像」を間近で楽しめて、見ごたえがあります。
竹に虎図杉戸」に描かれた虎は、目がくりっとしてて愛嬌がありました。お気に入りです。

 

実相院「床みどり」は実物を見て欲しい

さて、本命の「床みどり」がこれです。

実相院の「床みどり」
実相院の「床みどり」(出典:実相院門跡|京都 岩倉

撮影禁止なので実相院門跡 公式サイトから引用させていただきました。

色鮮やかなもみじの葉と床に映った緑、そして緑が溶け込んでいくかのような黒い床。

この対比が見事です!

写真は撮影用に盛ってあるわけでなく、実際このような感じですね。「想像より小さいな」とは感じましたが、観覧用の部屋からであれば好きな位置に座って眺めることができるので、実物の方がいろいろな景色を楽しめます。

実物を見て初めて気づいたのですが、両脇と上にある障子が淡い緑色に染まっていて、鮮烈な印象を与えるもみじと床を柔らかく包んでいるようでした。

もうひとつ、最後に。

風が吹くと、もみじの葉がさらさらと揺れます。
すると床のもみじが、さざ波に揺れる湖面に映っているかのような幻想的な絵になります。

ふぉ…見に来てよかった…。

と涙が出ます(泣きはしませんでした)。

 

▼ 11月11日追記
実相院門跡 公式サイトに、山水庭園の葉が紅葉してきたと写真が上がってました。
今年の紅葉は去年と同じくらい早いようです。

秋の絶景「床もみじ」もそろそろ見ごろになってくるのでしょうか。
見に行きたいですねー。

 

余談ですが、高級ホテルじゃなくてもちょっといいホテルに泊まりたいとき、グランベルホテル(公式サイト)をよく使います。東京の方は何度か使っていて、シャレた内装が気に入ってます。
公式サイトでは「ベストプライス保証」をうたっているので、航空券付きのツアー等でない限りは、まず公式サイトを見てみるのがおすすめですよ。

 

林修のニッポンドリルで紹介された、京都祇園「柚子屋旅館」の柚子料理ついての記事はこちら ▼

 

まとめ 実相院に行く際に気を付けたいポイント

  • 市内中心部から遠いので時間に余裕のある予定を立てる
  • 利用する交通機関、バスの時間などできるだけ調べておく
  • 晴れていて、少し風のある日がとてもオススメ

天気は運にもよりますが…ともかく、余裕をもって楽しむのをおすすめします。
ぜひ、一生忘れられないような景色に出会ってください。

それではまた。

Posted by かいと