疲れない革靴テクシーリュクスを半年履いた感想【おすすめの歩きやすさ】

2020年1月30日レビューしてみた

疲れない革靴テクシーリュクスを半年履いた感想【おすすめの歩きやすさ】疲れない、歩きやすさが半端ないと噂の革靴、テクシーリュクスを買ってから半年ほど経ちました。
だいたい週に1回くらいのペースで履いてましたが、今日は半年使ってみた感想をレビューしていきます。

まとめを先に言ってしまうと、こんな感じです。

【疲れにくい】靴底のクッション性が高い
【歩きやすい】軽くて柔らかくしなやか
【雨でも安心】ラバーソールの超グリップ感

うーん、正直、良いところしか思いつかないんですわ。

ところで、疲れない革靴を選ぶにはいくつかポイントがありますが、おおまかに言って次の3つが大事だと思ってます。

▼ 疲れないポイント ▼
・靴底のクッション性が高いこと
・インソールが足にフィットすること
・サイズや形があっていること

サイズはご自分にあったサイズを選んでもらうしかないのですが、幅広だったり甲高だったり、その辺は靴によってだいぶ違いますね。

3つのポイントを、テクシーリュクスがどの程度満たしてくれるかもふまえて、正直に感想を書いていきます。

 

テクシーリュクスはどんな靴か?

レビューの前に、「テクシーリュクスってなんなん?」という人のために、簡単に説明しておきます。

 

スニーカーのような履き心地の革靴

テクシーリュクス(texcy luxe)は、アシックスの子会社であるアシックス商事が開発・販売している、本革ビジネスシューズです。
コンセプトは「革靴なのに、スニーカーのような履き心地」です。

あのアシックスですから、これだけでだいたい伝わっちゃいますね。

製品のラインナップは豊富なんですが、共通しているのは「軽い」「柔らかい」「クッション性が高い」です。

そこで企画開発部は「クッション性があるスポーツ系ソールを、スタイリッシュなデザインに搭載してみてはどうか」─そんな発想をもとに〈ソフト・ライト・フレキシブル〉をコンセプトにした革靴の開発をスタートさせた。

引用:お客様が考える 一歩先の履き心地へ。(アシックス商事)

ちょっと「ガイアの夜明け」っぽい香りがして好きです、この会社。

アシックスの革靴だったら歩きやすいかも。
足が痛くなるのにさよならできるかな…

と半年前の私が期待したのも分かってくれますかねー。

 

リーズナブルな価格でコスパは最高

とはいっても、1足数万するようだとなかなか手が出ないんですが、私が買ったこのテクシーリュクスは、楽天のセールで実質5,000円くらい。

texcy luxe(テクシーリュクス) TU-7706S。アシックス商事の公式ネット通販限定モデルで、人気のあった旧品番(TU7706)の復刻版。販売価格は税込6,600円(2020/3/1時点)。
texcy luxe(テクシーリュクス) TU-7706S。アシックス商事の公式ネット通販限定モデルで、人気のあった旧品番(TU7706)の復刻版。販売価格は税込6,600円(2020/3/1時点)。

今まで履いてた革靴の値段で3足買えちゃう。
あまりに安すぎて、逆に買うのをためらったくらいです。

とはいえ、5,000円でもテクシーリュクス。歩きやすいし、疲れない。
見た目や素材感も悪くないですよね。とりあえず普段使いで試したかったので、十分すぎるくらいです。

ちなみにちょっと高級なラインナップもありますが、1万5千円くらいです。
日本の職人が手作りしているモデルもあるみたいなので、ちょっと安すぎない?大丈夫?と思ってしまうくらいのコスパです。

工場でテクシーリュクスのJapan madeというモデルを作ってる動画があったのですが、職人さんいい仕事してました。
※音が大きめなので注意してください。

 

 

テクシーリュクスを半年履いてみた正直な感想

それでは、テクシーリュクスのレビューしていきますー。

疲れない革靴の3つのポイントを冒頭に書きましたが、テクシーリュクスはどれもいい感じに満たしてくれています。グッジョブ。

ただ、他のモデルだと多少違いもあるかもしれない。
とも思うのですが、私が買ったのは一番安いベーシックなやつなので、他のは同じかそれ以上に快適でしょう、きっと!

 

靴底のクッション性能が高くて疲れにくい

これがほんとに凄くて、「スニーカーのような履き心地」ってのは大げさじゃなかった。
さすが、スニーカーを作ってきた会社です。神です。

E.V.A.樹脂の一体成型ソールを使っているので、他のラバーソールの靴と比べてもクッション性能は段違いですね。

今まで履いてみた他の革靴は、ラバーソールでも、やっぱり硬いものの上を歩いてる感じはするんですよね(地面は硬いですし)。
テクシーリュクスは、その歩くときの地面の硬さが気にならないというか、足を地面についたときの柔らかい感じが、心地いいです。

 

さすがにジョギングシューズほどじゃないけど、スーツを着ているときに、歩くのがストレスにならなくなったのは嬉しいですね。

そのぶん耐久性はちょっと不安がありますが…半年たってもそれほど減っていないので、まあ大丈夫でしょう。
ちなみに、ちょっと高いモデルは、接地部に高耐久ラバーを合わせているので、次はそれを選んでみようかと思ってます。

 

インソールも柔らかめで足にフィットする

インソールも足にフィットするつくりで、「弾力性のある薄いクッションを敷いた上に足を載せてる」ような感じがします。
今までの革靴は「硬いゴムの上の足を載せてる」と感じてたので、だいぶ違いましたね。

というか、ビジネスシューズって硬いゴム感が普通だと思ってました笑

そのままでも快適なのですが、私はレザーインソールを足してます。
これは人それぞれの好みですが、もう少し滑らかなインソールの方が好きなんです。

 

この靴に限らず、革靴のときはいつもレザーインソールを合わせてるのですが、簡単にメリット書いておくとこんな感じです。

レザーインソールのメリット
・手触り(足ざわり?)が滑らかになる
・フィット感があがる
・天然皮革+機能性素材での防臭性能

革素材も羊とか牛とか豚とかあるのですが、最近は Taccoのレザーインソール (シープスキン)がお気に入りです。

 

自分に合うサイズ前提だけど足に馴染みやすい

とにかく、まずは自分の足にあったサイズを選びましょうね。
テクシーリュクスのサイズ感は「ちょうど良い」レベルでした。いつもの革靴サイズで選んで問題ないと思います。

ただですね、私はわりと幅広・甲高なのですが、幅3E相当のこの靴が窮屈には感じませんでした。

今まで履いてきた革靴は、幅3Eでも、どこかしら足が痛くなってたんですよね。

今までのとどこが違うんだ?

うーん、たぶん素材の革が柔らかいから、なのかなー。履いていて、足の形に馴染んでくるのが早いような感じはします。
あと、アッパーの部分(ベロの裏)がゴア素材になっていて、広がるから圧迫しないのとか。履きやすいギミックがいろいろあるので、たぶんそのへんです。

※このゴアパーツは靴のデザインによって違ってて、TU-7706Sはスリッポンなのでアッパーがゴア素材になってます。シューレースだとサイドがゴア素材になってたりします。

また、幅のラインナップは4Eまであるので、幅広の靴を探してる人も選びやすいのは嬉しいですね。

 


とりあえず、半年履いてみた感想を書きましたが、履きやすくて疲れにくいビジネスシューズを探している人にはおすすめできます。

靴底のグリップ感はもともと高い方ですが、防水仕様のモデルもあったりするので、雨の多い季節にもストレス減りそう。
他にも気になってるモデルがあるので、また試してみたらレビューしようと思ってます。

というあたりで、それではまた。

Posted by タナカイ