林修の今でしょ講座|冬の定番みかんの健康パワー!血管・かぜ肥満予防に期待!?

2018年11月20日テレビの話題と面白グッズ

日本のみかん

11月20日放送の『林修の今でしょ!講座』では、日本の冬にかかせない「おでん」と「みかん」の知られざる健康パワーが紹介されました。

みんなでおでん囲んで、コタツでみかん食べて。いいですねよー。
どちらもザ・日本ですが、この記事では「みかん」に着目してみます。

ゲストは室井滋さん、伊集院光さん、宮本茉由さん。

かぜ・肥満予防の効果や、血管を老けさせない作用も最新の研究結果で期待されている「みかん」。
栄養素を効果的に摂取する方法も含めて、これからの季節、見逃せない内容をご紹介します。

 

日本のみかんパワー! β-クリプトキサンチン

意外と知らなかったりする、みかんの健康パワー。

甘くておいしいから食べているだけ?
実はソレ、正解だったりします。

まずはみかんの栄養素に注目して、見ていきましょう。

 

みかんの血管を老けさせない効果

約1000人を10年間追跡調査した結果、みかんを多く食べている人は動脈硬化のリスクが減少する、というデータが出たそうです。

これは、みかんの実に含まれる「β-クリプトキサンチン」という抗酸化成分の効果。

抗酸化成分としてはトマトの「リコピン」が有名ですね。
β-クリプトキサンチンにも同様の効果があり、強い抗酸化作用で活性酸素の働きを抑え、加齢によって血管が酸化して硬くなるのを防いでくれます。

しかも、他の柑橘類と比べると、日本の「みかん」には圧倒的に多く含まれています。
(オレンジの約15倍多い)

また、β-クリプトキサンチンは血液中に残りやすい成分で、みかんを食べると3か月~半年ほど体内に残るという研究結果が出ています。
冬から春のみかんシーズンの間にしっかり食べれば、夏の間も効果を維持できるということですね。

1日に摂取する目安は3個です。

みかんは糖分も入っているので、食べすぎも良くありません。
糖分のとり過ぎにならず、β-クリプトキサンチンの効果が期待できる数が、1日みかん3個だそうです。

 

みかんで糖尿病のリスク減少

β-クリプトキサンチンには、糖尿病の発症リスクを減少させる効果も期待されています。
こちらも目安は1日3個です。

食べ過ぎると果糖をとり過ぎてしまうので、注意しましょう。

 

骨粗しょう症予防にも日本のみかん

人間の骨は3か月~半年で新しく生まれ変わりますが、加齢によって骨を壊す細胞(破骨細胞)が活発になり、骨の再生が追いつかなくなることがあります。
こうして骨が壊されスカスカになるのが、骨粗しょう症ですね。

β-クリプトキサンチンには、骨を壊す細胞を抑える効果が期待できるそうです。
10年間の追跡調査では、みかんを毎日3~4個以上食べる人は、食べない人に比べて、骨粗しょう症のリスクが92%少ないというデータも出ています。

また、みかんに含まれるビタミンCには、骨を丈夫に保つ働きがあります。
カルシウムとビタミンCを一緒にとると効果的なので、牛乳やヨーグルトなどの乳製品とあわせて食べるとダブル効果ですね。

 

食べるタイミングは食後がおすすめ

みかんは食後に食べるのがおすすめです。
β-クリプトキサンチンは脂溶性なので、食後に食べると、食事でとった脂に溶けて体への吸収率がアップします。

また料理に使う場合は、サラダなどに入れるのが効果的ですね。
ドレッシングの油に溶けて吸収率が高まります。

 

甘いみかんの見分け方は?

良薬は口に苦し、と言います。

動脈硬化にも糖尿病にも骨粗しょう症にも!
そんな都合のよい栄養素 β-クリプトキサンチンが多く含まれるみかんは、さぞや苦い、もとい、酸っぱいのでは……との心配は無用です。

糖度が高いほどβ-クリプトキサンチンの量は増えます。

隙がないですねー、β-クリプトキサンチンさん。

ではここで、甘いみかんの見分け方です。

  • ヘタの部分の「軸が細い」
  • 「皮がシワシワ」になっている(←このみかんが最強)

みかんは実が育つときに水分が少ない方が、果糖が多く作られて甘くなります。
軸が細いとみかんの実に水分が行きにくくなり、皮がシワシワになっているみかんは更に少ない水分で育った証なんです。

箱で買う場合には、みかんの等級に注目しましょう。

みかんの箱に「秀」「優」などと書かれているのを見たことはありませんか?
これが等級で、「秀」が一番糖度が高く、「優」「無印」の順に糖度が低くなっていきます。
※等級には全国一律の基準はないため、産地により違いはあるようです。

 

みかんの鮮度を保つ方法

みかんの鮮度を保つには、ヘタの部分を下にして置くのがおすすめです。
こうすると水分が飛びにくくなるのだとか。

これは知りませんでしたー。
うちにもカゴに入れたみかんがあるのですが、CMの間に急いでひっくり返して積みなおしましたね。

 

さて、ここまでは β-クリプトキサンチンに注目してきましたが、みかんには他にも健康効果があります。

 

白いスジにも大切な栄養 ヘスペリジン

みかんの白いスジ。
きれいに取ってしまいがちですが、じつはそこに、とても役立つ栄養素があるんです。

白いスジには、抗酸化作用が強いボリフェノールの一種、「ヘスペリジン」が含まれています。
ヘスペリジンは毛細血管の壁に働きかけて強くする効果があり、全身の血流がよくなり冷え性改善が期待できます。

また、体が温まることで、免疫力も高まります。
1月9日に放送された今でしょ講座でも、ヘスペリジンは注目されていましたが、のどの奥の粘膜の炎症を和らげてくれる作用もあるので、のど風邪予防にも良いそうです。

これからの寒いの季節、ぜひとっておきたい栄養素ですね。

 

みかんの皮で肥満予防 リモネン

みかんの皮は、漢方薬の「陳皮(ちんぴ)」としても知られています。

漢方処方用薬:健胃・鎮静・鎮嘔・去痰作用を期待して漢方薬方に配合される。
生薬製剤:芳香性健胃薬として消化不良、胃炎、吐き気、シャックリに用いられる。
民間薬:感冒、痰の切れない咳、魚の中毒に用いられる。

引用: チンピ:新常用和漢薬集(公益社団法人東京生薬協会)

消化不良、胃酸過多、咳などに用いられますが、この効果は「リモネン」という成分に由来します。

「リモネン」はみかんの皮に含まれる油成分で、あのみかん特有の爽やかな香り成分ですが、このリモネンを嗅ぐと、交感神経が興奮し、脂肪分解が促進されることが分かってます。

食べて摂取しなくても、香るだけで肥満予防…。
なんですかそれ、魔法ですか? 魔法でダイエットですか?

そのため、みかんの皮をお風呂に浮かべて、香りでリラックス、なんて使い方もあるのです♪

料理に使う場合は、細かく刻むかすりおろすかして大根おろしなどの香味に使ったり、お茶の葉と混ぜてみかんフレーバーとして利用したりすると良さそうですね。

 

血管を老けさせない、この食材もおすすめ

みかんは「血管を老けさせない」「骨粗しょう症を予防する」効果が期待できますが、同じ効果が期待できる、すごく身近でお財布にも優しい食べ物があります。

過去に今でしょ講座でも取り上げられている、その食材は…。

スーパーフード納豆!

番組では言ってませんでしたが、納豆はきっとスーパーフードです。
間違いありません。

納豆についてはこちらの記事でも紹介していますので、ぜひどうぞ。

 

▼ スポンサーリンク ▼

 

まとめ 今年の冬はコタツでみかんですね!

どうですか、みかんの凄いチカラ。
健康長寿がコタツでみかんを食べてる日本の冬のイメージ、あながち間違ってはないですねー。

血管と骨の老化予防に、毎日みかん。
免疫力アップ効果で、かぜ予防にもマル
でも食べ過ぎ良くないから、1日3個までね!

 

それではまた。

Posted by かいと